SERVICE - HIGHRESO GPU ADVANCE|株式会社ハイレゾ

service HIGHRESO GPU ADVANCE

GPUクラウドサービスをもっと身近にする

ハイスペックなGPUクラウドサービスを

ローコスト&オンプレミス感覚で!

HIGHRESO GPU ADVANCE

高解像度3Dレンダリングやディープラーニング(深層学習)、流体力学シミュレーションなど、
多目的に使える高機能で低価格なGPUクラウドサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE(ハイレゾ ジーピーユー アドバンス)」。
使用目的に合わせて自由にカスタマイズでき、まるで自前のサーバーのようにご利用頂けます。

  1. 高性能GPUクラウドサービスが180円(1時間)で利用可能。
    圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。
  2. ハイレゾはGPUデータセンター設立実績日本一(2020年3月時点)。
    長年のノウハウと自社開発のサーバー環境だから、
    理想的な運用体制を構築できました。
  3. プリインストールされたアプリケーション
    以外にも、VMインスタンスを直接操作する
    ことで用途に合わせたカスタマイズが可能です。
  4. 初期費用無料、月額固定費無料で、
    学術研究機関向けにはさらに手軽なプランもご用意しています。

自由度が高いIaaS型のクラウドサービス自由度が高いIaaS型のクラウドサービス

HIGHRESO GPU ADVANCEは、「IaaS型のクラウドサービス」です。IaaSとは「Infrastructure as a Service」の略で、仮想サーバやネットワークなどのインフラをインターネット経由で活用することにより、ユーザー側は高い自由度を得ることができるクラウドサービスです。

ディープラーニング専用やレンダリング専用のサービスなど、使用用途が限られたクラウドサービスと違い、ネットワーク経由でVMインスタンスを直接操作できることが大きな特徴。オンプレミス感覚でCPUのカスタマイズや使用目的に合わせたソフトウェアのインストールなどが可能です。

通常のクラウドサービス

IaaS型なのに、主要なソフトウェアはプリインストールIaaS型なのに、主要なソフトウェアはプリインストール

さらに、「HIGHRESO GPU ADVANCE」の特徴はIaas型のサービスでありながら主要なソフトウェアはプリインストール。好みの環境を選択すれば、自分でプログラミングをしなくてもすぐにご利用頂くこともできます。現在、レンダリング用には「Radeon™ ProRender」、AI・ディープラーニング用には「TensorFlow」「PyTorch」「Keras」「Chainer」をプリインストール。自由度と手軽さを両立したハイスペック&ローコストなGPUクラウドサービス。それが「HIGHRESO GPU ADVANCE」です。

  • Radeon™ ProRender
  • TensorFlow
  • PyTorch
  • Keras
  • Chainer

クラウドレンダリング高解像度時代の救世主

VR(Virtual Reality)や3Dゲーム、8K映像などの高解像度化、建築用CGの高精細化によって需要が高まるレンダリングサービス。物理ベースの高性能レンダリングエンジン「Radeon™ ProRender」がプリインストールされた「HIGHRESO GPU ADVANCE」なら、デスクトップPCなどに比べて無限とも言える計算能力を手軽に利用できます。

AI・ディープラーニングAI社会のインフラ環境

スマートスピーカーの音声認識や道路上の障害物を瞬時に判断して避ける自動運転、各種サービスの自動マッチング、産業分野のロボット制御や画像処理など、さまざまな場所に活用されるAI(人工知能)。すでに私たちの生活でも身近になり、今後ますます研究や開発が進んでいくことでしょう。「HIGHRESO GPU ADVANCE」は、AI・ディープラーニング(深層学習)での利用を想定し、主要なフレームワークとして「TensorFlow(テンサーフロー)」、「PyTorch(パイトーチ)」、「Keras(ケラス)」、「Chainer」がプリインストールされています。

AI・ディープラーニング(深層学習)とは

1950年代から「人間のように“学習”し、知識をもとに“推測”する」コンピューターとして研究の始まった「AI(人工知能)」。
第三次ブームと言われる現在では「ディープラーニング(深層学習)」が主流となり、飛躍的な進歩を遂げています。
AI・ディープラーニング(深層学習)では、人間の脳神経回路をモデルにした多層構造アルゴリズム「ディープニューラルネットワーク」を用い、特徴量の設定や組み合わせをAI(人工知能)が自分で考えて決定します。機械学習の段階ではどこに着目させるのかを指示する必要がありましたが、AI・ディープラーニング(深層学習)の場合はAIが自動で学習します。ただし、精度を高めるには大量のデータが必要になり、そのデータを高速で計算できるマシンが必要となります。こうした背景から、必要なときにいつでも使えるクラウド型のGPUサーバー「HIGHRESO GPU ADVANCE」などのサービスが注目を集めています。

CAEソルバー研究技術開発の未来を見据えて

流体力学のシミュレーションなどを行う「CAEソルバー」。例えば自動運転技術ではカメラが捉えた画像に対する行動解析を行う際にも活用されています。ほかにも、燃費性能を向上させるための航空力学や世界の気象シミュレーションなど、「CAEソルバー」は技術革新の未来を担う重要な技術のために日夜研究されています。

膨大な計算能力が求められる「CAEソルバー」の研究にも、GPUクラウドサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE」はご活用いただけます。

「学術研究機関向けサービス」現在の学術研究環境に一石を投じたい

現在の日本では産学一体となって新しいテクノロジーの開発に着手していますが、潤沢な開発環境が用意できている機関ばかりではありません。GPUサーバーの環境構築はまだまだ高額なため導入障壁が高く、限られた研究機関のみしか利用できないのが現状です。こうした背景を踏まえ、学術研究機関によるGPUサーバーのニーズに応える環境構築に至りました。

学術研究向け「ACADEMIC PLAN」

GPUクラウドサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE」では、学術研究機関向けの特別プランをご用意しております。お申し込みや詳細に関してはお問い合わせください。

アカデミックプラン(完全学術研究利用)

料金:2,000円*(税抜)(GPU100枚 3日間利用)
* 検証期間限定価格です。
  • ※検証期間は5日間(24時間稼働)で100枚までとなります。
  • ※検証期間中はディスクや電気の利用料はかかりません。
  • ※検証期間終了後、必要環境やサーバーのご要望などをヒアリング。最適な専用プランをご提案いたします。
  • ※ご利用料はプランにより異なりますが、電気代など含めて他社サービスの1/4未満の金額にて提供いたします。
  • ※本サービスのご利用には審査が必要です。ご利用希望の方は、まずはお問い合わせください。
TOP

LOADING ...