NVIDIA社とのCSP契約をCloud/IaaS分野における国内第1号企業として締結しました。

2020年11⽉26⽇(木)、GPUコンピューティングにおける世界的なリーディングカンパニーであるNVIDIA社が展開するパートナープログラム 「Cloud Service Provider Compute 契約」を国内企業として初めて締結しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 2d7af378-2885-480b-a71c-fcd311e3eab6

弊社は、以前よりクラウドGPUサービス「HIGHRESO GPU ADVANCE(ハイレゾGPUアドバンス)」を手掛けています。今回の契約締結により、弊社の運営しているデータセンターから最新のNVIDIA GPU搭載マシンをIaaS利用でご提供が可能になります。

NVIDIA社のGPUコンピューティング プラットフォームは、AIやHPCのワークロードを加速すると同時に、高いスループットと低消費電力を可能にするため、幅広い分野で活用されています。また同社が提供するNVIDIA GPUに最適化されたソフトウェアツールにより開発者は様々な領域におけるアプリケーションの構築および加速が可能になります。

ハイレゾは、日本最大規模のGPU専用データセンターを運営しています。同データセンターは、日本国内では例が少ないコンテナオーケストレーション技術の積極活用、GPUサーバの安定稼働を念頭に入れた土地の選定、地域社会との協調等により効率的な運営を行っています。結果、大幅なコスト削減を実現し、お手ごろ価格でクラウドGPUサービスを提供しています。

NVIDIA社の最先端のGPUコンピューティング プラットフォームとハイレゾの高い技術力が実現したクラウドGPUサービスによって、日本のAI技術や並列計算技術の研究と応用に貢献して参ります。

【Highreso GPU Advance(ハイレゾGPUアドバンス、以下「HGA」)について】
HGAを運営するハイレゾは、もともとゲームグラフィックのシステム開発から創業した学⽣ベンチャー企業です。2016年から開始したGPU事業が躍進し、 2019年8⽉に⽯川県志賀町において、GPU枚数5000枚以上を保有する⾃社データセンターを開設するに⾄りました。2020年12⽉現在、 ⽇本最⼤級となるGPU枚数2万枚以上の設置・稼働実績を誇ります。 (※他社データセンターへの設置を含む)

【CSP契約とは】
Cloud Service Provider契約の略称で、NVIDIAのデータセンター向けGPUのリソースをクラウドサービスとして提供可能とするための契約です。

【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。